緬羊書評協会

読んだ小説の感想、思い出、時々書評

早瀬耕『プラネタリウムの外側』「忘却のワクチン」‐記録を消せば記憶も消える?

はじめに:デジタルタトゥーとは

 インターネット上に拡散した情報は消すことは出来ないのは、今日ではほぼ常識とされている事実です。リベンジポルノや、Twitterでの炎上事件が後を絶たないのも、ひとたびアップロードされたデータが、たとえ投稿者が削除要請を出しても完全には消えずに残ることが原因の一つであるとされています。

 このように、ウェブ上に一度提供した情報は消去することが難しく、半永久的にデジタルデータとして残り続けることを入れ墨に例えて表現したのが「デジタルタトゥー」という造語です。現実ではデジタルタトゥーの消去は不可能とされていますが、フィクションの中にはそれが可能だと主張する作品もあります。そこで、本稿ではそんな作品の一つである早瀬耕の短編「忘却のワクチン」で紹介されるデジタルタトゥーを消す手法について考えていきます。

  

あらすじ:「忘却のワクチン」

 主人公はネット上に自身のポルノ画像が拡散されて心に傷を負った元恋人「高橋香織」を救うため、友人に件の画像データを消すことが出来ないか相談します。友人は指導教官の南雲薫の手を借りて消去方法を見出しますが、その方法を実行することには主人公と高橋香織との思い出までも消してしまうという副作用があった....というのが大まかなあらすじです。

 今回話題にする消去方法については、以下のように作中で説明されています。なお、便宜上この方法を以降は「忘却のワクチン」と呼びます。

 

 

インターネットから「高橋香織」の画像データをできるかぎり収集して、顔認証データを作成する。本物のウイルスにはカプシドと呼ばれるウイルス核酸を覆う物質がある。

 コンパイル済みのコンピュータ・ウイルスのビット配列にカプシドのように「高橋香織」の顔認証データを埋め込む(中略)感染したデバイスのアドレス帳、メールボックスに「高橋香織」と関係するメールアドレスがある場合だけ、そのデバイスを次の感染元とする。

(中略)

 早ければ一週間もしないうちにウイルス除去プログラムが、南雲の作ったウイルスを除去対象に登録する。そして、アンチ・ウイルス・ソフトウェアは「高橋香織」というカプシドと「高橋香織」の画像データを判別できないはずだ。ファイル・サイズの差異は亜種ウイルスとして判断され、ターゲットの画像データは、アンチ・ウイルス・ソフトウェアの定期更新によって駆除されていく。*1

 

 

 ウイルス対策ソフトは「ウイルスの見本市」のような「パターンファイル」と呼ばれる代物を持っています。パターンファイルに格納されたウイルスの類型と当てはまるデータがあれば、それをウイルスと判断して排除するわけです。「忘却のワクチン」はまず削除したいデータを組み込んだウイルスを拡散させて、パターンファイルに削除したいデータを取り込ませます。そうすれば、後はウイルス対策ソフトがターゲットのデータをウイルスとみなして削除していってくれる。これが「忘却のワクチン」の大まかな働きです。

 

解説:忘却の作用機序

 作中でも言及されるように、このプログラムのアイデアの背景には「人間が情報機器に記録された記録を重視し、自身の記憶を軽視する」という近年の社会の傾向があります。観光地に行った時、外食をする時にまずはスマホで写真を撮る人々の姿がその一例でしょう。現代人の多くは「自分がどこそこに行った」「自分が何を食べた」と記憶することよりも、行った場所や料理の写真がスマホの中にデータとして記録されることを優先しがちです。

 このような「記憶軽視、記録偏重」の傾向が重症化すると、記憶になくても記録にはあるものを人は真実だと信じるようになることもあり得ます。スマホをいじりながら眠ってしまった翌朝、身に覚えのないサイトをブラウザの閲覧履歴に見つけたとしましょう。おそらくほとんどの人は自分が寝ぼけてサイトを閲覧したと思うでしょうが、本当にそうと言い切れるでしょうか?もしもそのサイトで、クレジットカード情報も入力された上で高額商品の購入が行われていたとしても、あなたは「寝ぼけていた」と言い切れますか?かといって、履歴の方が間違っていると考えられるでしょうか?

 こうした記録偏重思考の根底にあるのは「記録は絶対」という記録のデータ完全性への過信、そして曖昧な人間の記憶への不信です。「忘却のワクチン」は、こうした現代人の思考の陥穽を鋭く突いています。消えるはずがない動かぬ証拠である画像データを消すことで、記憶の方が誤っている、勘違いしたのだと信じ込ませ、忘れさせる。それが「忘却のワクチン」の最終目的です。いわば、当該データありきのデジタルタトゥーの弱点を突いた設計理念と言えるでしょう。

 もちろんフィクションの中での設定ですから、以上のような南雲薫の構想に現実離れした点があることは否めません。しかし「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったもので、コロナ禍の下ではこの設定は必ずしもナンセンスとは言い切れなくなりつつあります。

 

結び:オンライン教育の下で

 2020年現在、多くの大学で講義が全面的にオンライン化されています。大学生の間では、授業への出席を毎回課されるレポート、あるいはインターネット上の学務システムの出席確認機能でとるのが日常となりつつあります。また、講義内容は動画、音声の形で学務システム上にアップロードされていることが多いようです。仮に定期試験の後で生徒が「こんな内容は授業で扱っていなかった」とクレームを入れても、授業記録を参照すれば白黒はっきりつけられるわけです。あるいはちょっと教授がうっかりしていれば、ワンタイムパスワードで出席確認を行った後すぐにZoomの部屋を退出しても、「出席」という扱いになってしまう。このような現状こそまさに「記録偏重」といえるのではないでしょうか?

 もっともこうした変化はコロナ禍以前から見られたもので、昨日今日に始まったことではありません。しかし、コロナ禍が「記録偏重」社会への変化を着々と加速させつつあるのは紛れもない事実です。「忘却のワクチン」が実際に機能するようになる日もそう遠くはないのかもしれません。

 

 

 

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 

 

 

*1:早瀬耕. プラネタリウムの外側. ハヤカワ文庫. 2018. 220-221