緬羊書評協会

読んだ小説の感想、思い出、時々書評

小川一水『天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河』‐無名の人々の健気な生き様

 

あらすじ:マクロとミクロ

「けれどもぼくは思ったよりもたくさん見てしまったから…人が、可憐に滅んでいくさまを。」

 

 得体の知れない道化役だった「ダダー」の真実が、ついに明かされます。

 

 個人小惑星農家のタックは、大手自動化農業企業ミールストームの攻勢と男手一つで育ててきた娘ザリーカの反抗期に悩まされる日々を送っていました。それでも地球から農業を学びに来た学者アニーを受け入れてからは、鬱屈とした日々にも多少の明るさが見え始め、成功すれば小惑星農家初の果樹栽培となるリンゴ「アケボシ」の栽培にも成功の兆しが見え始めます。しかしその最中、タックら個人小惑星農家たちとザリーカを、それぞれ過酷な試練が襲います。何やら訳ありらしいタック父子の過去の秘密とは、突然現れたアニーの正体とは、そして小惑星農家たちに明日はあるのか?

 

 全然ダダーと関係ないじゃん、と思われるかもしれませんが、本作は24世紀の小惑星農家タックの物語と、6000万年前から続く〈被展開体〉のダダーの物語が並行して語られます。タックパートでは太陽系に進出した人類の一市民の生活が詳しく描かれて作品世界に奥行を与える一方、ダダーパートではシリーズ全体の黒幕である「オムニフロラ」がついに登場し、幾星霜にも渡るダダーの戦いと諦念の日々が描かれており、二つのパートがきれいに対照をなしています。とはいえ完全に別の物語を無理やり同時に語っているわけではなく、逆境の中でも手を取り合い健気に生きていく人々の儚い姿が共通したテーマになっており、ラストではある人物が両方のパートに登場していたことが明らかになります。

 

 

解説:現れる黒幕

 シリーズの大きな転換点を前にした箸休めのようなポジションの本作ですが、黒幕となるオムニフロラが描かれるかなり重要な巻です。名前自体は第三巻「アウレーリア一統」で一度だけ登場しましたが、その来歴と脅威、そしてダダーが「失敗した被展開体」と語ったミスチフとの関わりがついに描かれます。行く手に存在する文明を次々に飲み込み、致命的感染症を生き延びた強いものだけを自らの軍団に取り込みながら、際限の無い亜光速の進軍を続ける植物を基幹とした生態系群。omni-は「全て」という意味のラテン語の接頭辞で、floraはある地域に生息する植物群の全体を示すので、「オムニフロラ」とはまさしく名が体を表しているネーミングです。

 また、あらすじの部分でも触れましたが、市井の人々が健気に生きる姿が実に心に触れます.。2,3,4巻では、第1巻「メニー・メニー・シープ」からその存在を示唆されてきた人々、すなわち〈救世群〉、〈酸素いらず〉、〈恋人たち〉が主役となってきました。本作ではそうしたシリーズのメインストリームから離れた無名の人々にスポットが当てられます。麗々しい能力や宿命、生業を生まれ持たない彼らが危機を乗り越えて生み出した星のリンゴ「アケボシ」が、シリーズの結節点となる次巻の「アップルハンティング」で重要な役割を果たすのには感慨深いものがあります。

 

 

最後に:迫りくる危機

 一応「めでたしめでたし」で終わる本作ですが、何やら不穏な動きも複数見え出します。何かに操られたような笑いを漏らしながら暗躍する人々、ロイズ傘下の巨大ロボット企業MHD社の台頭、太陽系に向かってくる謎の飛行体。そしてエピローグでアニーが述懐するように、それらの脅威に対抗するわざを人類はいまだ生み出せていません。繁栄を謳歌する太陽系人類の運命はどうなるのか。物語はついに第六巻「宿怨」へと歩みを進みます。

 

 

補足:誤植かな?と思った箇所

 p423で「ロイズ宇宙アカデミー」が“RAU”と略されていますが、現実に存在する「ロイズ・オブ・ロンドン」のロイズのつづりは“Lloyd’s”なのでLAUとなるのでは…まぁ天冥の標世界のロイズは現実世界のロイズとは別物と言われればそれまでですが。

 

 

天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河

天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河

 

 

前巻↓

 

bookreviewofsheep.hatenablog.com

 

次巻↓

まだ書いてない...