緬羊書評協会

読んだ小説の感想、思い出、時々書評

筒井康隆『七瀬ふたたび』 -大学受験とテレパスと。

 「七瀬シリーズ」の二作目。テレパスである主人公火田七瀬が、同じく超能力者たちと出会い、そして超能力者を抹殺しようとする組織に狩りたてられる姿を描く。表面上は何の問題もない家庭の闇を描くために超能力が舞台装置として使われていた前作とは違い、本作では透視、念動力、未来予知などの登場人物めいめいの超能力が主役となる。しかし、超能力を使ってなんでも解決する、というような安直な展開にはならず、登場人物たちが自らの能力ゆえに、超能力でもどうしようもできない問題に巻き込まれていってしまうところが味わい深い。

 もちろん、前作同様にテレパスを用いた暴力的なまでに赤裸々な心理描写は健在である。「家庭」という縛りが無くなったおかげで、電車の中、キャバレー、カジノ等様々な場所で、様々な思惑を持った人間の姿が、七瀬のテレパスによって文字通り「欲望をむき出しに」描かれる。また、超能力者たちの出自や個性も様々で、能力故に肉親から疎まれる者や、逆に肉親のためにしか能力を使えなかったもの、はたまた能力を悪用するものまで、多様な超能力者たちが登場する。

 

 

 本作の思い出をちょっと語らせてもらうと、初めて「七瀬ふたたび」にふれたのはたしか小学生の時で、母親が見ていたドラマ版だったと思う。序盤の列車が土砂崩れに巻き込まれるシーンが怖かったのと、母親に「この恒夫って人、このあと急に未来が予知できなくなって、実はそれは自分が近々死ぬからだったってわかるんだよ」というさりげなくそれでいてショッキングなネタバレをされたことを覚えている。このドラマ版の印象がかなり強く、本作を読んでいる間七瀬の姿が仲間由紀恵で脳内再生されていたのだが、先日確認してみたら七瀬役は別の女優さんだったようだ。何故。

 もう一つだけ思い出を語らせてもらうと、本作を読んだのは第一志望の大学の受験会場だった。試験が終わったあと、2時間くらいの謎の待ち時間がある大学だったので、浪人生としての経験を活かし暇つぶし用に本作を持参したわけだ。試験は終わったものの合格発表まで中々解放感に浸れない奇妙な緊張状態の中で読む本としては最適だったと思う。七瀬の「ヘンリー、その男を自殺させてやりなさい」というセリフと、恒夫の今際の際のセリフがぐっときたのもその緊張状態と無関係では無いだろう。

 

 筒井作品の中では人気シリーズになるだけありそこまでアクが強くなく、静かな感動を味わえるので、あまり精神状態を励起させたくないとき、それこそ試験後や気持ちを静めたいときなどにおすすめの一冊である。

 

 

七瀬ふたたび (新潮文庫)

七瀬ふたたび (新潮文庫)