緬羊書評協会

読んだ小説の感想、思い出、時々書評

乙一(荒木飛呂彦原作)『The Book』-爆弾でなくても人は殺せる

 

「作家は【感情移入】で人を殺す」

 

あらすじ:ジョジョ×乙一

 ジョジョの奇妙な冒険第四部「ダイヤモンドは砕けない」の後日談を描く乙一氏の渾身の一作。乙一作品によくあるように、本作もまた複数のストーリーを同時に追う構成になっています。一つ目は第四部の登場人物たちが血塗れの猫をきっかけに殺人犯を追っていくパート。二つ目は犯人側のパートで、本作オリジナルキャラである犯人の素性や能力が次第に明かされていきます。犯人とそれを追う主人公を並行して描くのは、「GOTH」や「暗黒童話」「ワンダーランド((『箱庭図書館』収録」でも見られる乙一作品の典型ともいえる手法ですが、今回は三つ目の、オリジナルキャラ「飛田明里」の、ビルの挟間での数か月以上に渡る壮絶な生活を描くパートが描かれます。果たしてこの3つのパートがどのように絡みあっていくのか、被害者を屋内で交通事故に遭わせた犯人の能力の正体とは何なのか、最後の最後まで息をつかせない展開が続きます。

 

解説:スタンドの使い方

 本作で特筆すべきは「スタンド」の扱いのうまさです。「ジョジョの奇妙な冒険」で第三部から登場した「スタンド」は、登場人物が守護霊のような存在を持ち、それらが持つ特殊能力を使って戦うという設定です。敵味方の「スタンド使い」たちが互いの能力を駆使して戦うスタンドバトルが本編の醍醐味の一つでもありますが、本作のスタンドは

 

 いきなりでもうしわけないが、背後霊とか守護霊とかそういう類いのものがボクたちには取り憑いていた。(p75)

 

というつつましい紹介がされ、スタンドバトルもクライマックスまで起こらず、過度に存在を主張しません。二次創作、ノベライズをする際、この手の魅力的な設定を自由に使えるとなると、その便利さゆえについつい濫用してしまうのが人の性ですが、うまく設定の手綱をとって使いこなしているのはさすが乙一、といったところです。

 もちろん第四部で登場したスタンドが活躍する場面はありますが、どちらかと言えば重点が置かれるのは犯人のスタンドの全貌を解き明かしていくプロセスです。漫画では絵面が映えるスタンドバトル中心、ノベライズではスタンドが発現した経緯や能力に気づくまでのプロセスが中心、というように描く内容の面でうまく住み分けがされています。また犯人のスタンドの特性も小説という媒体ならではのもので、ある種メタフィクション的な面白みがあります。総じて言えば、ノベライズが陥りがちな「原作の文字起こし」という落とし穴を軽々と飛び越えて、「小説でなければ出来ないジョジョ」を実現させた作品と言えるでしょう。

 

結び:読めばよかろうなのだ

 基本的に原作を読んでいなくても十分楽しめる本作ですが、ジョジョを履修しておくとニヤリとできる箇所も散りばめられており原作のファンも十分楽しめます(私がそうでした)吉良吉影が勤めていたカメユーデパートも登場しますし、ディオ・ブランド―のあの名言のパロディもあります。ストーリーも原作の要素をふんだんに盛り込んだ上でよく練られており、例を挙げれば、物語の舞台になる杜王町は「ベッドタウンとして急速に発展した」と原作でさらりと紹介されていますが、この設定が本作では飛田明里がビルの挟間に落とされることにも関わる重要な背景として生かされており、余すところなく原作の設定を使い切っている感があります。                

 また登場人物の面では、本編ではあと一歩で敵に出し抜かれて勝利を逃したり、東方仗助スタンド能力を逆手に取られて撃退されたりと戦闘ではあまり良いところが無かった虹村億泰が、終盤で中々の活躍を見せます。スタンド「ザ・ハンド」が底知れない能力を持った不気味なスタンドとして描かれ、また本体も相手の裏をかく戦い方をするなど、猪突猛進型だった本編の頃から一皮むけた億泰を見ることができます。

 純粋なミステリー小説としても、またジョジョのノベライズとしても非常に面白い作品なので、原作ファンであるかどうかにかかわらず読んでみることをお勧めします。

 

 

 

その他記事で言及した乙一作品

 

GOTH (角川コミックス・エース)

GOTH (角川コミックス・エース)

 

 

暗黒童話 (集英社文庫)

暗黒童話 (集英社文庫)

  • 作者:乙一
  • 発売日: 2004/05/20
  • メディア: 文庫
 

 

箱庭図書館 (集英社文庫)

箱庭図書館 (集英社文庫)

  • 作者:乙一
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: 文庫